ペットシッターコラム

ペットシッター

2021.10.28

ペットホテルとは?選定ポイントや注意点、おすすめペットホテルをご紹介

ペットを飼っている場合、どうしてもペットを預けなければいけない経験はありませんか?

ペットとの暮らしは人生を豊かにしてくれますが、ときに短期・長期でペットのお世話をできなくなることもあります。そんなときの選択肢の一つとしてペットホテルがあります。今回はペットホテルの選定ポイントや、預ける前の準備など、ペットホテルにまつわることを解説します。また今回は、オススメペットホテルを3つ厳選してご紹介します

ペットホテルとは

ペットホテルとは、ペットのための宿泊施設です。出張や旅行など、家を空ける際、代わりに面倒を見てくれる人が見つからなかったりした場合に利用されることが多いです。

ホテルは、「日帰り」から「2日以上の長期プラン」まであり、料金やサービスはホテルにより異なります。
ホテルの利用ができるペットは基本的には犬猫ですが、ウサギなどの小動物を預かってくれるホテルもございます。

ペットホテルの種類

ペットホテルには、大きく分けて動物病院に併設されているものと、ペットサロンや保育園などが経営しているものがあります。

動物病院に併設されているペットホテル

動物病院に併設されているペットホテルは、体調不良の場合、すぐに獣医師さんに対応してもらえることが最大のメリットです。

普段診てもらっている獣医師さんであれば、より安心して預けられるでしょう。

しかし、動物病院に併設されているペットホテルは、大抵ケージで預かる場合が多く、1日中、もしくは1日の大半をケージ内で過ごすことになります。

ホテルがメインのサービスではないため、あまり構ってもらえる時間もなく、犬の散歩も排泄のためだけの短いものであることが多いようです。

動物病院のペットホテルは、患畜のみを受け入れるところがほとんどなのも注意点です。

ペットサロンが経営するペットホテル

ペットサロンが経営しているペットホテルは、ケージの大きさが選べたり、ケージフリーで自由に過ごせるプランがあったりと預ける条件を選べることが多いです。

ペットがより快適に過ごせる点がペットサロンのホテルのメリットといえます。

デメリットとしては、体調不良のときでも対応してもらえないことです。散歩も別料金の場合があるため、確認しておきましょう。

犬の保育園・幼稚園のホテルサービス

子犬の社会化やしつけ教室としての施設でドッグトレーナーが在中しています。

日中のお預かりが多いですが、お泊りプランがあるところもあります。その場合には夜間もトレーナーがいるかどうか確認しておくといいでしょう。

基本的にはクレートでの預かりですが、犬同士の相性を見て遊ばせたり、散歩に行ったりする時間があります

犬同士のコミュニケーションを学ぶことができ、トレーナーさんにしつけの相談もすることができます。

ペットホテルの選定方法

 

ペットホテルへ見学に行く

実際に見学することをお勧めします。インターネット上の口コミやホームページだけでなく、自分で実際に行ってみて確認するようにしてください。

インターネット上の口コミはいろいろ工夫することが可能で、サクラの場合も多いです。
実際に使ったことがある人の評価を聞くことができるとよいです。

ペットホテルの施設は清潔か

ペットホテルは多数動物が出入りする場所です。
清潔に十分気を配っているかどうかは大切なポイント。
自分の目で確認できるとよいです。

散歩代行サービスはついているか

犬は散歩が必要です。散歩代行を実施してくれるのかオプションなのか、散歩の長さはどの程度なのか確認しましょう。

事前に確認しておきましょう。

動物取扱業の登録を確認する

ペットサロンのホテルであれば、動物取扱業の登録証を確認しましょう。

動物取扱業の登録証の有無は信頼できるかどうかの大きな目安になります

ペットホテルの料金の相場目安

ペットホテルの料金の相場は、地域などによって大きく異なりますが、目安は以下の通りになります。

犬は大きさにより料金が異なります。

  • 小型犬 3000円~4000円
  • 中型犬 3500円~4000円
  • 大型犬 5000円~6000円
  • 超大型犬 7000円

猫はケージフリーかどうかにより金額に差があります。

  • 3000円~8000円

小動物

  • ハムスター 1000円~2500円
  • インコ 1000円~2500円
  • うさぎ 1000円〜3000円
  • フェレット 1000円〜3000円
  • モルモット 1000円〜3000円

こちらの記事では「ペットシッター」の料金を解説しておりますので、

比較してみたい方はご覧ください。

ペットシッターを頼むときの料金相場と注意点を解説!

 

ペットホテルだけでなくペットシッター利用でお家での留守番も考える

外出する際、ペットを置いて出かけなければならないときはペットホテル以外にも「ペットシッターに依頼する」という選択肢があります。

特に猫は知らない場所が苦手な動物のため、ペットホテルではなくペットシッターにお願いして自宅で過ごすほうがいい場合もあります。

信頼出来るペットホテル3選

おすすめのペットホテルを3つ紹介します。
詳しくはサイトをご覧ください。
一覧に戻る

人気記事

  • ペットシッター
    img
    悪質なペットシッターの対応を避けるコツを解説。よくあるトラブルとペットシッターの選び方も解説
  • ペットシッター
    img
    犬の散歩代行サービスを詳しく紹介!内容や料金は?アルバイトもある?
  • ペットシッター
    img
    【2021年最新】ペットシッターの仕事内容と資格について
  • ペットシッター
    img
    【解説】ペットシッターとは?サービス内容、利点・欠点、料金相場についてご紹介!
  • ペットシッターのお仕事
    img
    ペットシッターの仕事内容は?資格の種類や取得方法・勉強方法

まずはお問い合わせください

メール・LINEからお問い合わせ24時間受付中!

お電話からお問い合わせ 0120-4896-51 0120-4896-51 受付時間:11:00 〜19:00
(土日祝も受付)

シッティング希望日まであと一週間以内の方は
お電話でご連絡ください。

TOP

line contact

ご予約・お問い合わせはこちら