ペット(犬ちゃん、猫ちゃん、小動物)のお世話・散歩代行ならペットシッターサービスのsewakl.(セワクル)にお任せ下さい

世話

犬を留守番させるときに頼る先|都内で安全に預けたいあなたの選択肢

最終更新日 2022年1月26日 by sewaklcolumn

ペットとして人気の高い犬。

家族で飼うだけでなく、一人暮らしで犬を飼うパターンも近年増えてきています。

一人暮らしで犬を飼うと困るのが仕事中に愛犬をどうするかです。

自宅でお留守番させてもよいですが、毎日不安になりながら仕事をしている方も多いのではないでしょうか。

ペットシッターなどのサービスを使うことで、安心しながら仕事に打ち込むことができます。

また、ペットシッターならばしつけを​してくれたり​、健康状態もチェックしたりしてもらえます。

この記事は一人暮らしで犬を飼っていて仕事中に愛犬を預けることを検討している方、また、今後犬を飼うことを検討している一人暮らしの方にも役に立ちます。

一人暮らしで飼い主さんがいない間のケア方法

1人暮らしで仕事をしていると、飼い主さんが家にいない状況が多くなります。

このような場合では、飼い主さんはどのように愛犬と接すれば良いのでしょうか。

ポイントは3つあります。

  • 飼い主さんが愛犬に教えたいこと
  • 留守番中のカメラ
  • 一人暮らし中に犬を飼うと大変な面がある

大事なのは、環境をどのように作っていくかということ。

飼い主さんが安心して仕事に行って帰ってくるまで、愛犬が大人しく待っていてくれる環境を作れるようにしましょう。

飼い主さんが愛犬に教えたいこと

まずは、愛犬がストレスを感じにくい環境を作りましょう。

ケージは、最低でも体を軽く動かせるくらいの大きさにしましょう。

ケージにすることで、

  • 犬にストレスを与えない
  • コンセントを噛んでしまうのを防ぐ
  • 犬が口にすると危険なものから遠ざける
  • 留守番をしているときの場所を限定できる

などのメリットがあります。

 

また、事故を防ぐための工夫も大切です。

大きな家具や電化製品は倒れないように固定してください。

高いところにものを置いていると、地震の際に危険なので置かないようにしましょう。

 

そして、しつけも怠らないようにしましょう。

普段から甘やかしすぎると犬が自分で判断できなくなります。

愛犬が1人の時は自分で判断しなければならないことも多くなるので、できるだけ自立して行動できるようにしつけができると良いでしょう。

甘やかしすぎは分離不安症にも繋がってしまう恐れがあります。可愛がることと、甘やかすことを区別して接してあげましょう。

留守番中のカメラ

最初の何回かは、留守番中の愛犬の様子が気になってしまうもの。

ペットカメラは自宅の愛犬の様子を見ることができるので、とても便利です。

しかし、いつでも確認できるからこそ常に気になってしまい、確認してもお世話することはできません。

自宅の愛犬が気になるのなら、ペットシッターにお願いしましょう。

それならば愛犬が寂しい思いをしなくて済みますし、何かあった時にすぐに対応してもらえます。

一人暮らし中に犬を飼うと大変な面がある

一人暮らしで犬を飼うと大変なことが多々起こります。

子犬なら、小さいからこそ留守番させるのはとても不安になりますよね。

子犬はケージ内を汚してしまいがちなのに、仕事帰りで疲れていて対応できないなど衛生面でも問題が出る可能性があります。

成犬でも出張など長期で出かける際には、一匹家に置いて行くわけにはいきません。

留守番中の犬の体調が悪化した際の対応

犬が体調不良になった際に一人暮らしだと、仕事があるので犬のケアができません。

犬が体調不良になった場合は、その期間だけでもどこかに預けることを検討しましょう。

選択肢としては、動物病院とペットシッターが挙げられます。動物病院は、ペットホテルと併設している病院もあります。

お医者さんがいるので、体調が悪化しても安心できるのが動物病院の大きな魅力です。

「家にいるときは自分が面倒を見るから仕事中だけ愛犬のお世話を頼みたい」という方は、ットシッターがおすすめです。

普段暮らしている環境で療養できるので、愛犬にストレスがかかりにくいです。

愛犬を預ける一般的な選択肢とは?

犬を預けるための、一般的な選択肢は3つです。

  • 預ける場所
  • 犬のデイサービス
  • ペットシッター

それぞれ特徴を見ていきましょう。

預ける場所

預ける場所の選択肢は3通り。

  • ペットホテル
  • 動物病院
  • 知人や友人
ペットホテル

長期間愛犬を預けるのなら、まず選択肢に入るのがペットホテル。

病院と併設されている所もあるので何かあっても安心です。

新しい環境で愛犬にはストレスになるかもしれません。

動物病院

動物病院では専門のお医者さんがいてくれるため、愛犬の体調が急に悪くなってしまっても安心できます。

ペットホテルと併設している所もあるので、長期間でも預かってくれる所もあります。

ペットホテルと同じく、新しい環境で愛犬にとってはストレスになる可能性がありますし、料金も少し高めです。

知人や友人

知人や友人にお願いすればお金はかかりません。

また、性格などを知っている人のため頼みやすいでしょう。

自宅で預かってもらうのであれば、愛犬にかかるストレスも少なく済みます。

しかし、何かあった時に責任を追求しづらいというデメリットもあります。

犬のデイサービス

犬を預けることで、安心して仕事をしたり外出したりすることができます。

デイサービスなので、出張など家を何日か空ける場合は利用が難しいのがデメリットです。

ペットシッター

ペットシッターに頼めば、自宅で愛犬の世話ができるのでストレスになりにくく、要望も聞いてくれます。

その場合は追加料金になることもありますが、セワクルなら無料で対応しています。

また、デイサービスのように送り迎えの必要もないので、時間がなかなかとれない方にも有効です。

留守中でも愛犬のケアを行える、都内で人気のペットシッターとは?

ペットシッターは、犬のしつけや経験が豊富なプロの方ばかりです。

飼い主さんが気づきにくい部分でも、ペットシッターさんなら見抜くことができます。

普段の運動不足など健康状態に応じた細かな対応ができる

一人暮らしで仕事をしていると、散歩にもなかなか連れていけませんよね。

ペットシッターならお仕事中に散歩に連れて行ってもらえるので、愛犬が運動不足になることはありません。

愛犬が快適な留守番をできるよう環境づくりをアドバイス

ペットシッターは経験豊富で、今まで得た知識からあなたにアドバイスをしてくれることもあるでしょう。

特に、犬を初めて飼う方はペットシッターさんに聞くと、犬のしつけやケア方法などについてアドバイスをもらえます。

飼い主さんにも嬉しいサービス

ペットシッターを利用すれば、出張や旅行でも安心して預けることができます。

ペットホテルや動物病院に行く時間がなくても、自宅に来てくれるので楽に利用できます。

また、出張先でもペットシッターさんから日々の健康状態を報告してもらえます。

利用前にも入念な打ち合わせをするので安心ですね。

「分離不安症」の原因とは?なりやすい犬はいるの?

分離不安症とは、愛着のある人や場所から離れることで不安を感じる症状。

精神障害のひとつで飼い主さんが不在の際に無駄吠え、破壊行動、粗相などの行動が現れます。

過剰に可愛がりすぎることや留守番中のトラウマが分離不安症になる原因です。

過剰に可愛がる

過剰に可愛がり、もはや甘やかしてしまっているだけの状態は分離不安症を引き起こしやすくなります。

普段可愛がってくれている飼い主さんがいなくなってしまうと、不快になったり不満に感じたりして分離不安症になります。

留守番中のトラウマ

例えば、留守番中にインターホンを何度も押されたり、何度も落雷があったりするとそれが愛犬にとってトラウマになってしまう可能性があります。

これらのトラウマが、1人になった時に思い出されてパニックになってしまいます。

分離不安症を治療する6つの方法

分離不安症を治療する方法として、6つご紹介します。

  • リラックスシグナル
  • フォーマットトレーニング
  • 寝床を分ける
  • いろんな環境音を聞かせる
  • 少しずつお留守番をさせる
  • 外出する際のルーティンを変えてみる

リラックスシグナル

リラックスした状態を、特定の物事と関連付けて覚えさせる方法です。

リラックスした状態のときに同じ刺激を与え続けることで、刺激がなくてもリラックスした状態にすることができます。

例としては、リラックスした状態の時に飼い主のTシャツの匂いを嗅がせることで、お留守番をしている時にTシャツを置いておけばリラックスした状態が持続しやすくなります。

フォーマットトレーニング

お座りや待てなどのしつけをすることを、フォーマットトレーニングと呼びます。

日頃からこういったしつけをすることで、自分がわがままをしても通らないということを理解してもらえるようになります。

寝床を分ける

普段から寝床を一緒にしていると、愛犬はそれが当たり前になり依存心が高まっていきます。

ケージを利用して寝床を分けることで、少しづつ自立心を鍛えていきましょう。

いろんな環境音を聞かせる

愛犬が一匹で留守番している際にパニックにならないように、事前に様々な環境音を愛犬に聞かせましょう。

愛犬が慣れてくれれば、お留守番中にパニックになることも少なくなるでしょう。

少しずつお留守番をさせる

お留守番は短い時間から試してみて、少しずつ慣れさせることが大切です。

飼い主がいなくなっても帰ってくることがわかれば、愛犬も安心してお留守番できるでしょう。

外出する際のルーティンを変えてみる

犬は、物と行動を組み合わせて覚えることが多い動物です。

鞄を手に取る=外出といった風にリンクさせて覚えていきます。

外出する際のルーティンを変えることで、愛犬が一匹で大人しく待っていてくれる状況を作れる可能性があります。

愛犬と生活してからの不安を解消

愛犬と生活してからの不安を解消するために、頼れる場所を作っておきましょう。

知人・友人

知人や友人は頼りやすく、お金がかからないことがメリットです。

また、SNSを通じて同じように犬を飼っている人と仲良くなることもできます。

いろいろなアドバイスを聞けるかもしれませんが、プロではないので過信は禁物になります。

動物病院

何かあった時に顔見知りだと安心でき、融通も聞いてもらえるかもしれません。

専門的な知見から健康へのアドバイスを聞きやすいのもメリットですが、毎回通うのは費用がかかってしまいます。

ペットホテル

ペットホテルは長期の出張の際に重宝する施設です。

何回か利用すればペットホテル側も事情を理解してくれるようになり、利用がスムーズになるでしょう。

ペットシッター

ペットシッターは散歩など日常のお世話をしてもらえます。

しつけもしてもらえるので、あなたがお世話をする際にも楽になるでしょう。

また、ペットホテルや動物病院は忙しいと、どうしても一匹一匹にかける時間は少なくなってしまいます。

しかし、ペットシッターは一匹一匹に対して丁寧に接してもらえます。

愛犬とペットシッターさんが仲良くなれば、愛犬にとっても幸せな時間になるでしょう。

セワクルの特徴まとめ

ペットシッターサービスであるセワクルは、東京を中心に利用することができます。

出典:セワクル

出典:セワクル

 

幅広いエリアで利用できるのが魅力となっています。

セワクルでは、犬・猫・小動物に対応しています。

サービス内容は個別にカスタマイズをすることができます。

基本プランは以下の通りです。

  • ご飯の用意
  • 遊び
  • トイレ・毛の掃除
  • 食器洗浄
  • 健康チェック
  • シッティング報告書

セワクルはお客様満足度が96%と、多くのお客様に喜んでもらえるサービスを提供しています。

長期間のお出かけの際には、安心して預けることができます。

ピックアップ記事

  1. ペットの飼育数は犬より猫が多い?!ペット飼育数の増減とコロナによる影響について徹…
  2. ペットシッターを頼むときの料金相場と注意点を解説!
  3. 【解説】ペットシッターとは?サービス内容、利点・欠点、料金相場についてご紹介!
  4. ペットシッターの仕事内容は?資格の種類や取得方法・勉強方法
  5. ペットシッターの仕事の探し方?求人情報・未経験の方も

関連記事

  1. 世話

    猫に留守番させてもよい?何日くらいまで可能?留守番で注意すべき点と必要なものを解説

    愛らしい仕草で癒してくれる猫。猫を飼っていると長期間の旅行など…

  2. 世話

    猫はお留守番が得意?子猫のお留守番の方法と準備や注意点などを徹底紹介

    猫はお留守番が得意?子猫のお留守番の方法と準備や注意点などを徹底紹介…

人気記事

一番上に戻る