ペット(犬ちゃん、猫ちゃん、小動物)のお世話・散歩代行ならペットシッターサービスのsewakl.(セワクル)にお任せ下さい

ペットシッター

ペットシッターに預ける際に起こるトラブル&対応策をご紹介!

家を空ける間、ペットのお世話を代行してくれるペットシッター。ペットにストレスもなく良さそうなんだけど、ペットシッターならではのトラブルも有り得そう・・・でも起こりそうなトラブルに対して事前に対処すれば、未然に防げることも多いです。
ペットを預けるには、ペットホテル、動物病院、ペットシッターどのサービスを利用するのがベストなのか、預けた場合のメリットデメリットをまとめました。

ペットホテルの場合に起こりうるトラブル

飼い主不在な場合に、ペットを預けるのに一番人気だったペットホテル。しかしペットホテルといってもうわさでさまざまなトラブルの話を聞くことも度々ありますよね。なぜペットホテルでトラブルが起きるのか?まとめたので参考にしてね。

夜間は人がいなくなることが多い

ペットホテルは夜間にスタッフが常駐しているホテルと、していないホテルがあります。夜間スタッフが常駐していないホテルだと、仮に夜中ペットが体調を崩したり、何らかのトラブルがあった場合対応できるスタッフがいないという問題が有ります。

周囲の環境や人の変化で、ペットはストレスで体調を崩しやすくなっています。そのためペットホテルに預けるさいは夜間にスタッフが常駐しているのかどうかも確認しておきましょう。

ケージに入る

ペットホテルは沢山のペットを預かっています。そのためペット同士でけんかをしたり、感染症が移されるのを防ぐためにも、ペット同士を接触させないようにずっとケージに入って生活します。

周囲の環境や人の変化で、ストレスが溜まっている状況に、更に1日中×預けられる日数分ケージに入って生活するので運動不足やストレスの原因になります。

ケージを開けた途端に、閉鎖され続けていることへのストレスから逃げ出しててしまうということもありえます。無事捕まえられれば良いのですが、運が悪ければ事故に遭ってしまうことも十分有り得ます。

繁忙期なかなか遊んでもらえないなど

散歩や遊びの時間は決められています。普段なら十分に散歩や遊びの時間を取ってもらっても、繁忙期はスタッフも忙しく、ペット当たりの遊んであげる時間は短くなりがちに。

散歩や遊びの時間以外はケージに入って生活しているので、数少ない散歩や遊びの時間を奪われてストレスになります。

ペットホテルの対応が悪く、体調不良になり、食事を摂らなくなって瘦せてしまったり、下痢や嘔吐をしたり、吠えたり嚙みついたりと問題行動を起こす性格に一時的に変化することも有り得ます。

資格保有者だから安心!お散歩代行・ペットシッターサービスならセワクル

 

ペットシッターの場合に起こりうるトラブル

ペットシッターはペットにとって一番ストレスの少ないお世話の方法になります。しかしペットにストレスは少なくても飼い主はシッターに家の鍵を預けるという大きな不安があります。シッターに預けた場合の起こりうるトラブルと対応策をまとめました。

知らない人の出入り口はストレスが溜まる

やはり誰もが不安なのは他人に家の鍵を預けること。そのためにはペットシッターを選ぶときは、ペットシッターの会社やその担当者自体を信頼できる人かどうかチェックする必要があります。

信頼の証の基本になるのがその企業の創業年数やペットシッター業の経歴。動物取扱業の届け出やペットシッター士としての資格になります。

ちゃんとペットシッター士としての知識を学び、組織に所属(日本ペットシッター協会)していて、何年もペットシッター業を安全に続けてきたかどうかが信頼できるかの基礎になります。更に実際に利用した人の口コミをネットやペットの飼い主の仲でで直接聞いてみるのが良いでしょう。

また仮に信頼できるペットシッターを見つけたとしても、散らかった部屋を見せるのは抵抗がありますよね。散らかったつもりでなくっても散らかっているとシッターさんは思うかもしれないからです。

シッターさんが入るに当たり見える部分はそれなりに掃除をしないといけないということも飼い主に余計に仕事が増えたりストレスの原因になります。

対応策としては、ペットをお世話するのに限られた空間しか入らないようんすることや、ペットシッターに頼んでいる時間は監視カメラを設定しておくという方法もあります。シッター中に何かとらぶるがなかったかどうかや仮にトラブルがあった場合の証拠として利用できますし、カメラがあれば100%安心を得られるのではないでしょうか?

体調の変化を見落とす可能性がある

シッターさんは1日1時間程度代行でお世話をしてくれるサービス。ペットのおトイレを掃除したり、散歩したり、遊んでくれたり、御飯をあげてくれます。

でももともとペットに持病があったり、もしくは長期の旅行の途中で病気になってしまった場合、1日1時間の様子見ではペットシッターでは気が付かないこともあります。ペットシッターは獣医ではないのでペットの健康管理については最低限の要求にとどめておきましょう。

資格保有者だから安心!お散歩代行・ペットシッターサービスならセワクル

 

ペットを預ける際に必要なもの

ペットは周囲の環境や人の変化に非常に敏感でストレスになったり病気になったりもします。そのためペットを預けるさいには、ペットホテルであれ、ペットシッターであれ、ペットが安心できるような最低限のいつもと同じ変わらないモノを置いておいてあげます。

おもちゃ

いつお遊んでいるおもちゃがあればおもちゃを準備します。いつも遊んでいるおもちゃがあればペットはかなり安心します。おもちゃはストレス発散にもなるし、ペットシッターとペットの良好な関係を築くためにも効果的です。

飼い主さんのお家や自分の臭いが付いたもの

ペットシッターの場合は意識する必要はないかもしれませんが、ペットホテルに預ける場合は、飼い主さんのお家や自分の臭いが付いたものをケージに入れてあげましょう。

ペットホテルは沢山のペットがいて臭いもさまざま。周囲の環境が変化してストレスになっても自分の臭いのあるタオルなどがあれば安心でき心の安定につながります。

ご飯・薬・リード

いつも食べているご飯。ペットホテルでご飯を提供してくれるホテルも有りますので事前に確認しておきましょう。ただ環境や人の変化でストレスの中いつもと違うご飯を出されても食べないことも考えられます。ペットのストレスを考えて、普段あげているご飯をあげるようにしましょう。

持病があり薬を飲んでいる場合は、薬と説明をシッターさんに行います。また散歩する時にリードも準備しましょう。

ペットシッターに関するよくあるトラブルまとめ

ペットホテルであれペットシッターであれ、どちらもメリットデメリットが有ります。ペットホテルでも環境が悪いとペットが病気になるかもしれないし、ペットシッターはペットには負担は無くてもに飼い主にとっては鍵を預けるので不安。。

預け先で一番安心出来ておすすめできるのは動物病院

やはり預け先で一番安心できるのは獣医師がいるペットホテル、要は動物病院になります。特に長期で不在にする場合は、ペットが環境や雰囲気や人の変化に疲れてストレスで病気になる可能性も。でも動物病院なら動物のお医者さんが身近にいてくれるので安心。

車で行ける国内旅行にして、わんちゃんも泊まれるホテルに一緒に泊まる

一番問題が起きないのが旅行に行かないこと、、ではなくペットも一緒に行ける旅行にすることです。旅行は車で行ける国内旅行にして、ペットも泊まれるホテルに一緒に泊まることです。観光場所も公園のような自然系にすればペットも一緒に遊ぶことが出来ます。

 

ペットシッターのサービスによって品質が様々ですので、安心できる事業者様のサービスを利用することが必要不可欠です。

安心できるペットシッターサービスをお願いするのはしっかりペットシッターに関する資格を保有するシッターにお願いすることをおすすめします。お散歩代行やペットシッターをお願いしたい方は「セワクル」へご相談ください。

お散歩代行・ペットシッターサービスならセワクル

 

 

ピックアップ記事

  1. 【解説】ペットシッターとは?サービス内容、利点・欠点、料金相場についてご紹介!
  2. ペットシッターの仕事の探し方?求人情報・未経験の方も
  3. ペットシッターの仕事内容は?資格の種類や取得方法・勉強方法
  4. ペットの飼育数は犬より猫が多い?!ペット飼育数の増減とコロナによる影響について徹…
  5. ペットシッターを頼むときの料金相場と注意点を解説!

関連記事

  1. ドッグシッター

    犬の散歩代行サービスを詳しく紹介!内容や料金、メリット・デメリットを徹底解説!

    犬の散歩代行サービスがあるのを知っていますか?猫と違い、犬は毎日散歩に…

  2. ペットシッター

    訪問型ペットシッターサービスとは?利用するメリット・デメリットをご紹介!

    ペットを自宅で飼っている人の中には、仕事や旅行などの事情により動物をペ…

  3. お散歩代行

    ペットシッター

    お散歩代行サービスとは?具体的な内容など徹底解説

    現在、日本は犬猫の飼育数だけでも1970万頭(2015年全国犬猫飼育実…

  4. ペットシッター

    ペットシッターさんが自宅に泊まり込みペットの面倒を見てもらう!賢い利用法

    長期間にわたって旅行や出張などに出かける場合、自宅にペットを置きざりに…

  5. キャットシッター

    ペットの飼育数は犬より猫が多い?!ペット飼育数の増減とコロナによる影響について徹底解説

    ペット市場が今、急速に拡大しています。新型コロナウイルスの感染拡大…

  6. ペットシッター

    ペットシッターによる盗難被害と防止法をご紹介!

    動物を飼っている人の中には、仕事やプライベートが忙しいとペットシッター…

人気記事

一番上に戻る