ペット(犬ちゃん、猫ちゃん、小動物)のお世話・散歩代行ならペットシッターサービスのsewakl.(セワクル)にお任せ下さい

ペットシッターのお仕事

ペットシッターになって稼ぐ方法まとめ|副業のやり方・求人の探し方

ペットシッターの仕事は、副業の一種として各メディアで紹介される機会が増えています。ところで、実のところペットシッターの仕事は稼げるのでしょうか。今回の記事では、ペットシッターの社会的需要や働き方、向いている人、求人の探し方をご紹介します。

ペットシッターの社会的需要について

ペットシッターの需要は、今後高まっていくと想定されています。昨今ではペットと一緒に生活できるマンションやアパートがいくつも建てられ、ひとり暮らしをしながらペットを飼育する人が増えているのです。

またペットを飼う共働き世帯や、お年よりも年々増加しています。このようにペットシッターは、動物と人間が仲良く暮らしている今の日本に必要とされている仕事です。

知名度の割には結構需要のある仕事

日本においてペットシッターの認知度は、アメリカにくらべそれほど高くはありません。しかし、ここ数年をさかのぼると、ペット業界では豊富なサービスが展開されています。

たとえばペットの美容院やペットホテル、動物専門の洋服店などが増えました。ほかにも、仕事が立て込んでいる時や旅行で長い間家を開ける際などに、ペットシッターに動物をあずける人が急増しています。

このことからも分かるとおり、ペットシッターは結構需要のある仕事です。

ペットシッターの働き方について

ペットシッターの働き方は、大きく分けて2種類あります。ひとつが正社員やアルバイトとして働く方法、もうひとつが個人で開業する方法です。それぞれのワークスタイルについてまとめました。

会社に属して正社員やアルバイトとして働く方法

一般的にペットシッターは、企業やお店などに正社員やアルバイトとして雇われています。あらゆる雇用形態の中でも正社員の枠は少なく、狭き門を通らなければなりません。

一方で、ペットシッターの契約社員やアルバイトの求人は、比較的見つかりやすいとよく耳にします。また給与形態は時給制の場合もあれば、歩合制のパターンもありさまざまです。

ペットシッターの資格を取得して個人で独立開業する働き方

ペットシッターの仕事柄、お客様の元へ足を運びペットのお世話を担当することが多いです。そのため他の仕事のように、お店をかまえる必要がありません。その特性を活かして、みずから独立開業する人が多いと聞きます。

開業する方法は大きく分けて2つです。ひとつがペットシッターのフランチャイズに加入する方法。そしてもうひとつが、みずから動物取扱業の登録をおこない開業する方法です。

ペットシッター保険への加入ができて、なおかつノウハウを持っている人であれば開業することもできるでしょう。ところが開業までの手続きを個人ですべておこなうのは至難の業です。

ペットシッターに向いている人

「自分が取りくんでいる仕事は、自分の適性に合っているのだろうか」と考えたことはありませんか?誰しもが、自分に向いている仕事を選びたいものです。ここでは、どのような人がペットシッターに向いているのかをまとめました。

人間性

ペットシッターは、人間性が重要視される仕事です。具体的には「動物が好きな人」「真面目で責任感が強い人」などが信頼されます。

まずペットのお世話をする仕事のため、心から動物が好きな人でないと、業務をスムーズにすすめるのは難しいかもしれません。

時には気性が荒かったり、人間の言うことを聞かなかったりするペットを担当することもあるでしょう。そのような時でもペットシッターは動物に対して辛抱づよく、愛情をもって接することが大切です。

一方でペットシッターの仕事は、真面目で責任感が強い人にも適しています。この仕事は、お客様のペットが危ない目にあわないよう、室内はもちろん外に散歩へ出かける時でも、細心の注意をはらって行動しなければならないからです。

人の目が行き届かない場面でも、責任をもって自分の業務を遂行しようとする人は、ペットシッターとしてきっと活躍できるでしょう。

ペットシッターは女性の方が優遇されている

ペットシッターの求人を検索すると、条件面に女性優遇と書かれていることがあります。ペットシッターを利用するお客様によっては、女性を希望する人もいるようです。

ペットシッターの求人募集はどうやって探すのか

ペットシッターの求人募集は、どこで探すとよいのでしょうか。求人を探すのにおすすめの方法をまとめました。これからペットシッターを目指す人は必見です。

ペットシッターサービス会社の募集要項

ペットシッターの就業先を探している人は、ペットシッターのサービスを提供している会社を調べてみましょう。公式ホームページに、アルバイトもしくは正社員の募集要項が掲載されているかもしれません。

ペット業界においては「ペットシッターSOS」「株式会社日本ペットシッターサービス」が有名です。

前者は全国展開している会社で、ペットシッターの信頼度や質の高いサービスを提供していると定評があります。後者は日本各地に134店舗もあり、250名以上のペットシッターが在籍している大手企業です。

まだ調べたことのない人は、企業ホームページをぜひご確認ください。

ペットシッターSOS

株式会社日本ペットシッターサービス

求人サイト/転職エージェントサイト

求人サイトや転職エージェントサイトで、ペットシッターの求人をごくまれに見かけます。しかし正社員を募集している会社は少ないため、掲載されている求人のほとんどはアルバイトです。

ただし、ペットシッターは他のアルバイトにくらべると時給が高い傾向にあります。なかには1300円以上の好条件を見つけることも。日頃から求人サイトや転職エージェントサイトをこまめにチェックしましょう。

ペットシッターのポータルサイト

ペットシッターのポータルサイトは、ペットシッターと顧客をむすぶ役割をになっています。

当サイトの場合、ペットシッターを依頼するお客様だけでなく、ペットシッターにとってもメリットがあるのです。たとえばサイトにアクセスし、ペットシッターの登録をすませておくと、依頼が入ってきたときにメールで知らせてくれます。

このように、広告費を支払うことなく顧客を獲得できるのは、大きなメリットです。

副業クエスト:ペットシッターになって稼ぐ方法まとめ – 副業のやり方・求人の探し方とか調べてみた。

ペットシッターの副業まとめ

ペットシッターの社会的需要は、年々高まっています。ひとつの理由としては、マンションやアパートで動物を飼う人が増えているからです。仕事や家庭など何らかの事情で毎日お世話ができない人は、ペットシッターを頼りにしているとよく耳にします。

ペットシッターとしての働き方は正社員やアルバイト、副業などさまざまです。あなたのライフスタイルに適した働き方をえらびましょう。求人はペットシッターサービスを提供する会社、求人サイト、ペットシッターのポータルサイトなどで見つけられます。

動物を飼育する人が増えている昨今。おそらく今後もペットシッターの人口は増えるでしょう。動物が好きで、なおかつ責任感の強い人はペットシッターの仕事にトライしてみてはいかがでしょうか。

ピックアップ記事

  1. ペットシッターの仕事内容は?資格の種類や取得方法・勉強方法
  2. ペットの飼育数は犬より猫が多い?!ペット飼育数の増減とコロナによる影響について徹…
  3. ペットシッターを頼むときの料金相場と注意点を解説!
  4. ペットシッターの仕事の探し方?求人情報・未経験の方も
  5. 【解説】ペットシッターとは?サービス内容、利点・欠点、料金相場についてご紹介!

関連記事

  1. ペットシッターのお仕事

    どれくらい稼げる?ペットシッターの給与と開業した場合の収入について

    ペットシッターとは、飼い主にかわって動物のお世話をする仕事です。ペット…

  2. ペットシッターのお仕事

    ペットシッターになりたい方へ!正社員や派遣・アルバイトのメリットデメリット

    ペットシッターになりたい方は、どんな形態で勤務するのがいいのでしょうか…

  3. ペットシッターのお仕事

    ペットシッターとして開業する際に知っておくべきこと

    ペットシッターはお客様から依頼を受けて、動物(ペット)のお世話をする仕…

  4. ペットシッターのお仕事

    ペットシッターの仕事内容は?資格の種類や取得方法・勉強方法

    最近徐々に仕事にする人が増えているペットシッターという職業、資格がなく…

  5. キャットシッター

    ペットの飼育数は犬より猫が多い?!ペット飼育数の増減とコロナによる影響について徹底解説

    ペット市場が今、急速に拡大しています。新型コロナウイルスの感染拡大…

  6. ペットシッターのお仕事

    ペットシッター士とは?資格取得の方法を解説!

    ペットシッターとして独立開業するのに大きなアドバンテージとなる資格ペッ…

人気記事

一番上に戻る