ペット(犬ちゃん、猫ちゃん、小動物)のお世話・散歩代行ならペットシッターサービスのsewakl.(セワクル)にお任せ下さい

ペットシッターのお仕事

ペットシッターとは?仕事のやりがいや魅力をご紹介!

日本の全世帯の約1/3がペットを飼っている現代。家族数の減少にともない飼い主が不在の時に、ペットのお世話を代行してくれるペットシッターというお仕事が注目されています。ペットシッターのお仕事の内容や、お世話を代行するペットの種類や、勤務時間などをご紹介。また一般の会社勤めにはないお仕事の魅力があるのでご紹介します。ペットシッターを仕事にしたい、転職したいという方は是非参考にしてください。

ペットシッターとは?

ペットシッターとは、Pet sitter、Pet=ペットの sitter=世話をする人のことです。飼い主が仕事や旅行、病気やけがの入院などで家にいないときに飼い主に代わりペットのお世話の代行(おトイレの掃除や、食事、散歩)をする人です。
ただペットシッターを利用するとなると安全の問題でハードルが高い点もございます。

犬・猫・小動物・その他などさまざまなペットシッターがいる

ペットと言っても、私たちの中にはさまざまなペットを飼っている人がいます。そんな犬や猫以外にも小動物、例えばうさぎやハムスター、モルモットなどの小動物にいたるまでペットのお世話を代行してくれます。

ペットシッターってどんな人?不安がある

でも、ペットが普段生活しているお家にペットシッターに来てもらうということは、飼い主は他人にお家の鍵を預けるため下記3点で利用に躊躇することが現状では多いようです。

  • どんな人が来るの? 身元の保証はあるの?
  • 物の紛失などのトラブルはない?
  • 戸締りはちゃんとしてくれるだろうか?

そのためペットシッターに飼い主が家の鍵を預けることができることに対して信頼が築ければペットシッターはかなり需要のあるお仕事でもあるのです。

ペットシッターのやりがい・楽しさとは

ペットシッターには、一般の会社員では経験できない遣り甲斐や楽しさがあります。今の仕事が合わない気がする、自分にはもっと合う仕事があるような気がする。そんな方は下記を参考にしてください。

動物と心が通い合える

ペットシッターになりたいと思っている方は、きっとお家にペットを飼っていてそのペットとかなり仲良くしている方が大半ではないでしょうか。自分のペットになついてもらえるとペットだけど心が通い合ってうれしいですよね。ペットに好かれてる感覚を他の飼い主のペットとも分かち合えるそんなペット好きなあなただからこそできる仕事です。ペットは自分に愛情を注いでくれる人になつきます。そのためペット好きな人やペットを飼っている人には自分の味方であるということが臭いや対応で理解できるので懐いてくれやすくなります。飼い主も又ペット好きな方に留守の間にペットのお世話を代行してもらいたいと考えています。

困った飼い主を助けられる

家に住む家族の人数が少なくなっている現在、ペットは飼い主にとって、よき友人&住人でもあります。

  • 一人暮らしで急に出張に行かないといけないときや長期の出張に行かないといけない
  • 家族は数人で住んでいるけど、家族旅行や海外旅行で長期家を空けたいけどどうしようと思い悩んでいる
  • 旅行や、入院などで長期家を開けるときペットの事が心配、、

家を留守にするとペットをお世話する人がいなくて困るので家を空けられないと悩み長期の旅行は行かないことにしているという飼い主も多いはずです。でもペットを飼っているあなたならそんな飼い主の不便さやペットへの思い、ペットの気持ちを理解できるので、あなたのペットへの経験を十分に生かすことができます。

飼い主に信頼してもらえる

ペットシッターを受けるに当たってまずハードルになるのが飼い主があなたに家の鍵を預けること。飼い主はまず、ペットシッターを鍵を預けられるか信頼できるかを査定します。信頼の保証を得るには、ペットシッター士(特定非営利活動法人日本ペットシッター協会)などの資格を取得するのが有効です。しっかりお仕事をして飼い主に喜んでもらえれば、飼い主は旅行や出張のたびにあなたにお仕事のオーダーをしてくれてリピーターになってくれます。

ペットシッターの魅力とは

たくさんの動物とであえる

ペット好きなあなたにとってペットと心を通わすことは喜びです。今までは飼っているペットに愛情を注いでいたかもしれません。でもペットシッターになれば、他の犬や猫や小動物に愛情を注ぎ、あなたのペットと同じようにお友達になることもできます。ペットはペットの種類やその子によって個性が違いますよね。この子は大人しい子、この子はやんちゃな子。今日はどんな子に出会えるのかな?そして仲良くなって別れさいはちょっとさみしくなるそんな心が温まるお仕事です。

仕事で散歩や運動ができる

例えば、事務職などのオフィス系の仕事だ1日中パソコンに向かい合い、運動は通勤だけということも。通勤も立派な運動ですが慢性的な運動不足に。でもペットシッターならペットと散歩をすることも仕事の一部。静かな街中を歩いたり、土手や公園を散歩したり、普段余り散歩をする機会がなくてもペットを口実に散歩ができて万々歳です。

仕事を続けるほど経験値が豊富になる

自分の飼っているペット以外とスムーズにコミュニケーション取れるか心配になる方も多いでしょう。でも必ずしもすぐ仲良くなれるわけでもないし、それは飼い主さんもよく分かっています。ペットシッターの仕事を続けることによって、効率的お世話ができるようになったり、どのように接すれば仲良くなりやすいのかも経験から分かってきます。飼い主から○○なことをすると喜ぶというのを事前に聞いておくと、早くなついてくれるでしょう。

自分でペースで伸び伸び働ける

会社では社内での仕事や営業の仕事で人と接することが大半。でも人間関係が悪いと最悪なストレスに。特に外に出ずに内勤ばかりの仕事で人間関係が悪いと最悪です、、、でもペットシッターは対ペットのお仕事が主なので、飼い主との事前打ち合わせをするとき以外は対ペットとの付き合いだけなので人間関係のストレスがほとんど有りません。人間関係が全然ないのも孤独。。でもペットシッターは飼い主とのほどほどのに人間関係があり、仕事のほとんどは対ペットの点などで、ストレスにならない程度のほどほどの人間関係で済むという点が魅力です。

ペットシッターという有意義な仕事

今の仕事が余り面白くない、やりがいを感じない、もっと自分に合う仕事がしたい。そんな悩みがありペット関連のお仕事に興味があるのかもしれませんね。でも今の仕事を辞めることは安定を捨てること。今の仕事を辞めてペットシッターになれたところで、安定は得られるのか?不安ですよね。ペット業界での安定というのはイメージが無いかもしれません。でもペットシッターの歴史はまだ長くなく、最近はパートナーとしてペットを飼う人が増えていて大切なペットを預ける際に困る人が多いということ。ペットに働いて稼いだお金を使う人が増えるという点で、ペットシッターは将来の可能性がある仕事です。また会社に所属せず独立したいという希望を持つ人にも良い仕事です。転職が怖いという人も含めて、まずは派遣でペットシッターのお仕事を体験してみてはいかがでしょうか?そして週末だけとか短時間だけ経験してみることを推奨します。

 

ピックアップ記事

  1. ペットシッターを頼むときの料金相場と注意点を解説!
  2. ペットシッターの仕事内容は?資格の種類や取得方法・勉強方法
  3. ペットの飼育数は犬より猫が多い?!ペット飼育数の増減とコロナによる影響について徹…
  4. ペットシッターの仕事の探し方?求人情報・未経験の方も
  5. 【解説】ペットシッターとは?サービス内容、利点・欠点、料金相場についてご紹介!

関連記事

  1. ペットシッターのお仕事

    ペットシッターとして開業する際に知っておくべきこと

    ペットシッターはお客様から依頼を受けて、動物(ペット)のお世話をする仕…

  2. ペットシッターのお仕事

    ペットシッターになって稼ぐ方法まとめ|副業のやり方・求人の探し方

    ペットシッターの仕事は、副業の一種として各メディアで紹介される機会が増…

  3. ペットシッターのお仕事

    ペットシッターになりたい方へ!正社員や派遣・アルバイトのメリットデメリット

    ペットシッターになりたい方は、どんな形態で勤務するのがいいのでしょうか…

  4. ペットシッターのお仕事

    どれくらい稼げる?ペットシッターの給与と開業した場合の収入について

    ペットシッターとは、飼い主にかわって動物のお世話をする仕事です。ペット…

  5. キャットシッター

    ペットの飼育数は犬より猫が多い?!ペット飼育数の増減とコロナによる影響について徹底解説

    ペット市場が今、急速に拡大しています。新型コロナウイルスの感染拡大…

  6. ペットシッターのお仕事

    ペットシッター士とは?資格取得の方法を解説!

    ペットシッターとして独立開業するのに大きなアドバンテージとなる資格ペッ…

人気記事

一番上に戻る